立ち退き交渉・借地権売買交渉のご相談は立ち退き相談室まで。

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問
大家と入居者はこれまでなんら問題なく仲良くやってきました。しかし、アパートが老朽化したので建て替えたい。どうすればよいでしょうか?
入居者(相手)も都合があります。母親なら子供のこと、学校のこと、買い物のこと、老人なら友人のこと、病院のこと、近隣に住む孫のこと、引越しのお金、サラリーマンなら通勤のこと、最寄駅までの移動手段のこと、等々都合があります。
これらのことを解決しなくてはなりません。何も争うことはないのです。お互いに誠意をもって話し合うことが大事でしょう。
いずれにせよ、賃貸の立ち退きにはいろいろなケースがありますので詳しくはお電話やお問い合わせフォームでご相談ください。
築30年以上たったアパートが老朽化したので建て替えたいのですがどうすればいいでしょうか?
「老朽化」の判断はとらえ方によってまちまちです。
通常のケースでは耐震基準や火事に対するリスクを考えながら立ち退き交渉を進めていきます。このケースではある程度の立ち退き料が必要となることが多いようです。
いずれにせよ、賃貸の立ち退きにはいろいろなケースがありますので詳しくはお電話やお問い合わせフォームでご相談ください。
地方に転勤になったので自宅を貸していました。今度本社に戻ることになったので自分で住みたいのですがどうすればいいでしょうか?
まず定期借家として貸していたかどうかです。
その場合、おもに次の2つのケースに分かれます。
(1)期限いっぱいで出て行ってもらえます。
(2)期限の途中であれば双方話し合いで解決できるケースもあります。

定期借家として貸していなかった(一般借家として貸していた)時は通常の立ち退き交渉が必要となります。
自分の住宅に供する場合は「正当な事由」となりえます。ただし、相手さんも正当な事由がありますので双方の正当な事由の重さを考える必要があります。
この場合は適切な立ち退き料を支払うことでの解決になりそうです。

いずれにせよ、賃貸の立ち退きにはいろいろなケースがありますので詳しくはお電話やお問い合わせフォームでご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 049-236-0543 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

東京インベスト(株)へのご連絡

TEL(049)236-0543
FAX(049)236-0543
メール:
tokyo-invest@tea.ocn.ne.jp

立ち退き問題セミナーについて

大手ハウスメーカー様主催の賃貸経営セミナーにおいて「立ち退き問題解決講座」の講師をしています。
詳しくはこちらをご覧ください。 ※池袋相談室(池袋西口徒歩5分)でもセミナーを開催することも可能です。
PAGETOP
Copyright © 大家さんのための立ち退き相談室 All Rights Reserved.